モーニング娘。「男友達」でキュンキュンしよう(感想・レビュー)

モーニング娘。「男友達」でキュンキュンしよう(感想・レビュー)

ヒロインの歌声

小さな恋の歌、2曲目は安倍なつみのソロ曲『男友達』です。

 

あまりにも無骨なタイトル

 

対して歌われるのは、あまりにも甘酸っぱい恋の歌です。

 

 1番サビ

男の友達がいる
恋愛にはならない二人
買い物や映画だって
楽しく出来ちゃう関係

 

カッティングも交えた爽やかなギターサウンドのイントロ。ハネたリズムが楽しげな雰囲気を作り出しています。

 

サビで始まる構成が印象的です。ここから物語がどう展開するのか気になりますね。

 

なっちの歌声もいいですよね。感覚的なんですけど“ヒロイン”って声をしてると思うんですよ。明るさの中に切なさがある声質と言いますか。好きだなぁ。

 

サビ前に優しい男友達って歌詞があるんですが、これ「男友達」と書いて「男友達(やつ)」と読むんですよね。当然聴くだけじゃ分からないんですけど、これを< 優しいやつ >にするのと<優しい男友達(やつ)>にするので、ニュアンスがだいぶ変わるんですよね。

 

特に、2番以降の歌詞を聴くとね…。

 

1番では、仲のいい男友達との楽しい日常で幕を閉じます。

 

 

問題は2番からですよ。

 

2番Bメロ

いつものように話してると
急にまじめに
彼女が出来そうなんだと
話し始めた

 

モーニング娘。が黄金期を迎えた頃は、「うたばん」「HEY!HEY!HEY!」など音楽バラエティー全盛期。そこでのライブシーンは、だいたいが1コーラス。そのためシングルでは、1番だけで伝わる分かりやすい歌詞が求められた時代でした。

 

なので2番から展開するこの歌詞は、アルバム曲ならではの楽曲と言えるでしょう。

 

2番サビ

アイツに彼女ができる
「おめでとう!」って言ってるけど
笑顔とか作ってる
なんだろう?おかしな感覚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甘酸っぱぺぇぇぇぇぇええええ!!

 

好きじゃん!絶対好きじゃん!

 

男友達のこと絶対好きじゃ~ん!!!

 

 

 

後に生まれるスマイレージの大名曲『ぁまのじゃく』に通じる世界観ですね。“明るいサウンドに切ない歌詞”というロックの定番を盛り込んだ名曲です。

 

またこの曲。真偽不明の噂がありまして。

いろいろあったが「男友達」は
まことに結婚することを報告されたつんくが
その日の晩に書き上げた曲だってことを忘れないで欲しい

 

ネットのコピペとしてハロヲタ界隈では有名なんですが、ソースが見つからないので本当なのかどうか分からないんです。ソース知っている方がいたら教えてほしいです。

 

でもつんく♂ならありえるかもなと思っちゃうんですよね。

 

まぁ、ホモ臭いですけど。

blog.livedoor.jp

 

ちなみに、シャ乱Qにつんく♂作詞の『女友達』という曲がありまして。

 

『男友達』と比較して聴くのも楽しいですよ。

 

次の曲:そうだ! We’re ALIVE

 

レビューカテゴリの最新記事